ここから本文です

川又、J1通算50点目で先制 J1リーグ第16節・磐田

6/26(月) 8:35配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 エースの嗅覚がさえた。前半11分。磐田の右サイドで中村俊がためをつくった時、川又は何度もゴール前で動き直していた。川辺がクロスを上げた時には勝負あり。中央で待ち構え、頭でピタリと合わせた。「うまくボールが(DFの間を)抜けてきてくれた。簡単、簡単」。この先制点がJ1通算50点目。チームをJ1復帰後初となる3連勝へ導き、豪快に笑った。

 宣言通りだった。「得点したら、ほぼ負けていない」。J1で得点した41試合の勝率は7割を超え、敗戦は3試合だけ。27歳での50点到達は「少なすぎ」と満足していないが、貢献度の高さは群を抜く。「とにかく勝ちたい。(決めたら勝つ)記録を続けていきたい」。自身のゴール以上にチームの勝利を喜んだ。

 ゴール後、前日に刈り上げた頭を指さした。そこには2トップを組むアダイウトンと同じ模様。3戦連続となる2点目を決めたアダイウトンは「チームの雰囲気がいい証拠。絆の深さだよ」と笑顔を見せた。

 3戦9得点の攻撃陣に注目が集まるが、川又は「好調を支えているのは守備陣」と、2試合ぶりに完封した仲間をたたえる。攻守がかみ合い、エースも絶好調。連勝は止まる気配がない。

静岡新聞社