ここから本文です

ザ・ストゥージズの軌跡を追った「ギミー・デンジャー」日本版予告篇は永瀬正敏がナレーションを担当

6/26(月) 17:32配信

CDジャーナル

 1967年にイギー・ポップ(vo)をはじめとするメンバーで結成されたロック・バンド、ザ・ストゥージズの軌跡を追った映画「ギミー・デンジャー」が9月2日(土)より東京・新宿 シネマカリテなどで公開。YouTubeにて公開されている日本版予告篇では、本作の監督を務めたジム・ジャームッシュと同様に“ストゥージズの大ファン”という俳優・永瀬正敏がナレーションを担当しています。

 メンバーのイギー・ポップ本人から「俺たちストゥージズの映画を撮って欲しい」というオファーを受けたジム・ジャームッシュ監督は、メンバーと本当に近しい関係者たちの証言を集め「ギミー・デンジャー」を制作。新たに発見された貴重な映像や写真も散りばめながら、契機となったデヴィッド・ボウイとの出会い、解散から30年後の再結成、そして“永遠の別れ”と、バンドが過ごした華々しくも混乱に満ちた日々を紐解いています。

最終更新:6/26(月) 17:32
CDジャーナル