ここから本文です

大島運輸、3年勤務を条件に準中型免許取得費用を全額負担…人材不足解消へ

6/26(月) 14:45配信

レスポンス

大島運輸は、トラックドライバーに必要な「準中型自動車免許」の費用を全額負担するユニークな求人募集を6月より開始した。

準中型自動車免許は今年3月に施行された新しい免許区分で、最大積載量2トン以上4.5トン未満の車両を運転できる。これまでは3トン以上のトラックに乗るためには、免許保有2年以上・20歳以上での中型自動車免許の取得が必要だった。そのため、「免許を持っていない」「免許代の費用が高い」などを理由にドライバー職を諦める人が多くいた。

今回、大島運輸では若い世代に免許を取得してもらうために、3年勤務継続を条件に準中型自動車免許の取得費用全額を負担する。準中型自動車免許は普通自動車の運転も可能。全額負担は普通自動車運転免許欲しさに3年勤務して辞めてしまうリスクも伴うが、まずは運転未経験の若手人材を取り込むこと、ドライバー職を知ってもらうことが重要と考え、準中型自動車免許取得費用の全額負担を決定した。

運送業界では、ドライバー不足に直結する若い世代の免許取得が課題となっている。同社では、全額費用を負担し、免許を持っていない未経験の若手人材からドライバー雇用を図り、人材不足の解消につなげていく。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:6/26(月) 14:45
レスポンス