ここから本文です

【F1 アゼルバイジャンGP】リチャルドが今季初優勝、スタートからアクシデント続出で波乱のレースに

6/26(月) 16:06配信

レスポンス

2017年のF1第8戦アゼルバイジャンGPの決勝が25日にバクー市街地コースで行われ、ダニエル・リチャルド(レッドブル)が今季初優勝を飾った。

[関連写真]

2回目の開催を迎えたバクーだが、決勝レースは1周目から大荒れの展開に。スタート直後のターン2で2番手を争っていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)とキミ・ライコネン(フェラーリ)が接触。ボッタスはタイヤをパンクしてしまった他、ライコネンも接触による失速で順位を大きく下げた。

さらに12周目にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がトラブルでリタイア。この他でも各所でアクシデントが続発。コース脇でダニール・クビアト(トロ・ロッソ)がストップしセーフティカーが導入された。

この時点でトップルイス・ハミルトン(メルセデス)で、2番手にセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続く展開。チャンピオン争いもする2人だが、とんでもない事態が発生してしまう。

ハミルトンがターン16の出口で突然減速。それにベッテルが突っ込んでしまった。幸い大きなダメージがなかったベッテルだが、ハミルトンの行為に激怒し、横に並んで故意にハミルトン車に接触。2台とも致命的なダメージはなくレースが再開されるが、それでもフォース・インディアの2台が同士討ちをするなど接触が多発。コース各所で破片が散乱していたことから、22周目に赤旗が出されレース中断。コースに落ちた破片除去が行われた。

レースが再開され後半戦に突入していくが、トップを行くハミルトンにトラブルが発生。ヘッドプロテクターの不具合が起き、ピットに入ってパーツを交換した。これで先頭にベッテルが立つのだが、セーフティカー中の接触行為により、10秒ストップペナルティが科され、後退してしまう。

とにかく波乱続きのレースとなったが、その中で最後にトップに立ったのがダニエル・リチャルド(レッドブル)。昨年のマレーシアGP以来、今季初優勝を獲得した。2位にはボッタス。3位にはルーキーのランス・ストロール(ウィリアムズ)が入った。

序盤から激しいバトルを展開していたベッテルは4位、ハミルトンは5位に終わった。

マクラーレン・ホンダ勢は、上位陣に混乱が絶えない中、着実に順位を上げていったフェルナンド・アロンソが9位でポイント獲得。ストフェル・バンドーンは12位となった。

2017F1第8戦アゼルバイジャンGP決勝結果
1.ダニエル・リチャルド(レッドブル)
2.バルテリ・ボッタス(メルセデス)
3.ランス・ストロール(ウィリアムズ)
4.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5.ルイス・ハミルトン(メルセデス)
6.エステバン・オコン(フォース・インディア)
7.ケビン・マグヌッセン(ハース)
8.カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
9.フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
10.パスカル・ウェーレイン(ザウバー)

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:6/26(月) 17:07
レスポンス