ここから本文です

【巨人】山口俊、6回3失点で反省

6/26(月) 7:03配信

スポーツ報知

◆巨人4x―3中日(25日・東京ドーム)

 ベンチに戻ると、山口俊は唇をかんだ。同点の6回。大島の本盗と柳の適時内野安打で2点を勝ち越され、直後の打席で代打を送られた。「苦しい投球だったと思う。(6回は)点を取ってもらったのに、慎重になりすぎた。粘れたけど課題だらけ」。4回無死からゲレーロにソロを許すなど、6回3失点。粘投でゲームメイクしたが、悔しさの残る登板となった。

 右肩違和感から復帰し、14日のソフトバンク戦(東京D)で移籍初登板初勝利。6回無安打無失点の快投で継投によるノーヒットノーランを演出しただけに、今回の重要性は感じていた。「大胆にいくところも調整していければ。投手はいい時も悪い時もある。今日の位置づけを最低限としてやっていきたい」。連敗ストップに貢献したが、期待値の高さは分かっているから、自己評価も厳しめだった。

最終更新:7/2(日) 7:36
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 9:20