ここから本文です

イチロー、史上最年長43歳246日で中堅先発出場 R・ヘンダーソンの記録を更新

6/26(月) 6:56配信

デイリースポーツ

 「マーリンズ4-2カブス」(25日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(43)は「1番・中堅」で出場し、4打数無安打1得点だった。11日のパイレーツ戦以来、12試合ぶりの先発だったが、8試合11打席連続ノーヒットで打率は・200(95打数19安打)。43歳246日での中堅スタメン出場は1900年以降では史上最年長。最多盗塁記録などをもち、殿堂入りしているリッキー・ヘンダーソンが02年に記録した43歳211日を抜いた。

 昨年9月4日のインディアンス戦以来となる1番で起用されたイチローは5日の対戦で左前打を記録している左腕のモンゴメリーと対戦。初回の打席は遊ゴロ(記録は遊失)。カウント1-1から内角146キロにバットを折られ、詰まったワンバウンドの打球を遊撃手のラッセルが捕球ミスする失策で出塁した。ボアの四球で二塁に進み、4番オズナの中前適時打で先制のホームを踏んだ。

 二回1死走者なしの打席は投ゴロ。カウント2-1から内角高め、ボール気味のチェンジアップを振り切らず、力のないゴロが投手の右へ転がった。

 2点リードの四回1死走者なしの打席は遊ゴロだった。初球、外角カットボールを見送り、ストライクを取られた後、カーブ、チェンジアップを連続ファウル。4球目、外角の137キロカットボールを左方向へ転がしたが、打球は野手の正面だった。

 1点リードの七回1死の場面は右腕のストロップに一ゴロ。2ボールから低めの154キロ速球を振り抜いたが、ボールの上っ面を叩いた打球は一塁手正面への緩いゴロとなった。

 試合は、マーリンズが初回にオズナの適時打とプラドの2点適時打で3点を先制。1点差に迫られた七回には主砲のスタントンが20号ソロを放った。先発のボルケスが粘りの投球を見せ、5回2失点で4勝目(8敗)。六回以降を3人の継投で逃げ切った。