ここから本文です

途中出場も受け入れる柏FWディエゴ・オリヴェイラ「自分に求められている役割」

6/26(月) 0:28配信

GOAL

明治安田生命J1リーグ第16節、柏レイソル対北海道コンサドーレ札幌が6月25日に日立柏サッカー場で行われた。試合は2-1で柏が勝利。試合後、柏FWディエゴ・オリヴェイラが、自身の役割について語った。

6月22日に27歳の誕生日を迎えたディエゴ・オリヴェイラ。ブラジルからは両親、2人の妹とその息子が来日。誕生日を共に過ごしたと話す。「妹とは誕生日が同じなので、プレゼントの交換をしました。家族団らんのひと時を過ごせました。しばらく家族と一緒に誕生日を祝えていなかったので、非常に有意義な時間になりました」と、リラックスした表情を見せる。

札幌戦は家族も観戦していたが、「自分にサッカーを教えてくれた父親を始め、はるばる遠くブラジルから足を運んでくれた家族には、ただただ感謝です。みんなの前で得点できたことはうれしい。ただ、それ以上に、チームの勝利に貢献できたことがうれしい」と語った。

途中出場が多いことについては「それが今、自分に求められている役割」だと答える。「もちろん試合に出たいという強い思いは持っていますし、そのために日々、厳しいトレーニングを行っていますが、いかなる状況であったとしても、自分に求められることは、何らかの形でチームに貢献すること。チームの勝利が自分の喜びだということも変わらない」と、与えられた役割を果たすことが重要との考えを示した。

チームの目標が勝ち点60から70に上昇し、優勝を狙うことなった。その点について聞かれると、「今まで以上に強い気持ち」が必要になると回答。ただ、「自分だけではなく、ほかの選手も同じだと思いますが、やることは今までと何ら変わらないと思います。今までやってきた成果が、結果として表れているのですから」と、プレーが大きく変わるわけではないと、冷静に語った。

GOAL

最終更新:6/26(月) 0:28
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

今日のJリーグ 試合情報

J1