ここから本文です

砥部町・権現山麓の休憩所で「流しそうめん」 30年間続く夏恒例行事 /愛媛

6/26(月) 15:47配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 砥部町にある「権現山(ごんげんさん)休憩所」(伊予郡砥部町総津)で7月1日から、夏季限定の恒例「権現山 流しそうめん」が行われる。(松山経済新聞)

 標高440メートル権現山の麓で地元・広田村商工会の「はいからグループ」が毎年実施している恒例行事で、今回で34年目となる。

 休憩所に設置した流し台では、そうめん流しに川の清流を利用。大豆を使った手作りのだしと薬味は地元産の食材を使い、神秘的な緑に包まれそうめんをすする。席数は15席。

 開催時間は10時~16時30分。料金は、大人(中学生以上)=600円、小人=300円、幼児(小学生未満)=200円。だしの追加は1杯50円。9月3日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク