ここから本文です

元5階級制覇王者ノニト・ドネア 横浜光ジムで日本王者と圧巻のスパーリング

6/26(月) 19:43配信

東スポWeb

 元世界5階級制覇王者のノニト・ドネア(34=フィリピン)が26日、横浜光ジムで同ジム所属の日本バンタム級王者・赤穂亮(30)と合同練習を行った。

 2人が知り合ったきっかけは、昨年3月に赤穂がマニラ(フィリピン)で試合をした際、当日のメーンイベンターがドネアだったこと。この前にはセブ島で合同キャンプも張っていた。

 今回のドネアの来日は完全なプライベート。関係者を通じて練習場所を探していたところ、前述の経緯で面識のある赤穂が、8月5日に日本王座のV1戦を控えているタイミングということもあって、この日のスパーリングが実現した。

 4ラウンドのスパーリングでは「今は試合も決まってないから100%の力ではやっていない。スパーも何か月か前に4Rやっただけ」(ドネア)と言いながらも1Rに左フックで、2Rにはスイッチからの左ボディーで赤穂の腰を沈ませ、格の違いを見せつけた。

 スパー後は自らミットを持ち「打ち合いの時にパンチが大きすぎる」「フックを打つ前のモーションが大きくて、2~3秒ムダに使っている」「ヒザが伸びてしまってバランスを崩している」などと熱血指導した。

「ミット打ちでは自分が打たれることがないから自信も持って打ってるけど、スパーになると『打たれるかも』という迷いがある」と指摘をしながらも「世界王者になれるだけの素質は持っているよ」とゲキを飛ばしてジムを後にした。

最終更新:6/26(月) 19:43
東スポWeb