ここから本文です

侍ジャパンが新ユニホームお披露目 DeNA筒香「素晴らしいデザイン」

6/26(月) 19:47配信

東スポWeb

 野球日本代表「侍ジャパン」の新ユニホーム発表記者会見が26日、東京都内で行われ、モデル役としてDeNA・筒香嘉智外野手(25)と広島・鈴木誠也外野手(22)が登壇した。

 侍ジャパンを運営する株式会社NPBエンタープライズとアシックスジャパン株式会社がこの日から、2020年東京五輪と21年第5回WBCの開催期間を含む、21年5月末日までダイヤモンドパートナー契約を締結した。

 アシックス社製の新ユニホームは「青褐色(あおかちいろ)」「真白(ましろ)」「紅色(くれないいろ)」「黄金色(こがねいろ)」と4つの日本の伝統色を採用し、ストライプ部分にも日本の伝統縞模様の「輪つなぎ」を取り入れた新デザインだ。

 ホーム用ユニホームを着用した筒香は「赤のラインが入り、この“輪つなぎ”を取り入れ、全世代で結束して戦おうという形になって大変、素晴らしいデザインだと思う」と感想を述べた。

 ビジター用のユニホームで登壇した鈴木は「今年(WBCで)は悔しい思いをした。まずシーズンで結果を出して、このユニホームを着て(代表に)選ばれる選手になれればいい」と言葉に力を込めた。

 この新ユニホームは全世代の侍ジャパンが着用。初お披露目は7月12日から米国で行われる日米大学野球となる。

最終更新:6/26(月) 19:47
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 14:20