ここから本文です

タカタの負債総額、約1兆7000億円の見込み=東京商工リサーチ

6/26(月) 13:16配信

ロイター

[東京 26日 ロイター] - 東京商工リサーチは、民事再生法の適用を申請したタカタ<7312.T>の負債総額について、約1兆7000億円が見込まれると発表した。

タカタ、タカタ九州、タカタサービスに海外子会社12社を合わせた15社の負債総額は合計3807億円(3月31日時点)だが、各自動車メーカーが負担したリコール費用が総額1兆3000億円とみられ、これを負債に含めると1兆7000億円になるという。

製造業では戦後最大の大型倒産で、上場企業の倒産は第一中央汽船以来、1年9カ月ぶり。

最終更新:7/17(月) 14:09
ロイター