ここから本文です

陸上世界選手権、サニブラウン、多田ら選出 桐生はリレー候補で

6/26(月) 13:49配信

デイリースポーツ

 日本陸連は26日、大阪府堺市内で理事会を開き、世界選手権(8月4日~13日、ロンドン)に出場する日本代表選手男女19人を発表した。男子短距離は、日本選手権で14年ぶりに2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が選ばれた。そのほか多田修平(21)=関学大、ケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ、飯塚翔太(26)=ミズノ=らが選出された。

【写真】制服姿もお似合いのサニブラウン、内村航平からエールを送られる

 昨年のリオデジャネイロ五輪の400メートルリレーで銀メダルを獲得した桐生祥秀(21)=東洋大、山県亮太(25)=セイコーホールディングス=は個人種目の代表入りを逃した。桐生は400メートルリレーの候補に入った。

 日本陸連の伊東浩司強化委員長は、若手が多い選考になったことについて「今回の経験が3年後の東京五輪につながるという。思い切ってやってもらいたい」と話した。

 また、女子は長距離4人が選出された。代表選手は、今後の大会結果で追加される可能性がある。