ここから本文です

「百花万華鏡」の本格連載が別花で開幕、ガラかめの“名白目”シーンしおりも

6/26(月) 17:05配信

コミックナタリー

伊沢玲「百花万華鏡」の本格連載が、本日6月26日発売の別冊花とゆめ8月号(白泉社)にて開幕した。

「百花万華鏡」は中央朝廷「万華」と数多の地方国家「葉」が政を行う大陸を舞台に、地味で平凡なだめだめ王女・瑠華が立派な女王を目指して奮闘する成長譚。別冊花とゆめ2015年11月号で前後編読み切りとして登場したのちシリーズ化され、このたび本格連載がスタート。今号では表紙とセンターカラーを飾った。単行本は1巻が刊行されている。

また美内すずえ「ガラスの仮面」の「白目クリアしおり」が付属。マヤ、真澄、亜弓の“名白目シーン”がピックアップされ、しおりとして使用できるほか自分の目元に当てれば「ガラかめ」ごっこも楽しめる。

このほか今号では、高屋奈月「フルーツバスケットanother」が巻頭カラーで登場。白泉社のWebマンガサイト・花LaLa onlineで発表された第5話が再掲載された。なお「フルーツバスケットanother」の2巻は9月20日に発売される。