ここから本文です

プラレールにホームドア採用の駅パーツ登場 ユーザーが駅に入り込める専用ARアプリも

6/26(月) 18:49配信

ねとらぼ

 各鉄道路線で導入が進む安全対策、ホームドアがついにプラレールにも採用されました。新登場の駅パーツ「今日からぼくが駅長さん!ガチャッと!アクションステーション」に、自動開閉式のホームドアが搭載されています。

【ホームドア開閉の様子】

 都会の大型駅をイメージし、3本のホームとトミカで遊べる駅前ロータリーを搭載。1番線のホームドアは、車両の停車・出発に合わせて効果音とともに自動で開閉します。車両のコントロール機能もあり、運転手の気分で遊べます。

 専用のAR(拡張現実)アプリも用意。駅構内にAR上の登場人物が行き交う様子を楽しめます。カメラでユーザーの顔を取り込み、アプリに登場させることも可能。自分の分身がプラレールの世界に仲間入りします。

 価格は7500円(税別)。7月13日から全国の玩具店や量販店、公式ショッピングサイトなどで販売されます。

最終更新:6/26(月) 18:49
ねとらぼ