ここから本文です

メレンゲ、15周年ワンマンで「一緒に年を取っていきましょう」

6/26(月) 18:43配信

音楽ナタリー

メレンゲがワンマンライブ「単独公演15th Anniversary 初恋の掟 2017」を6月23日に東京・日本橋三井ホールにて開催した。

【写真】クボケンジ(Vo, G)(Photo by topological)(他7枚)

この公演は彼らが結成15周年を記念して行ったもの。新体制になってから初めて実施したワンマンライブで、サポートメンバーに松江潤(G)、山本健太(Key)、河野丈洋(Dr)を迎えた5人編成でライブを実施した。

ゆっくりとステージに姿を現した彼らは、クボケンジ(Vo, G)の「お待たせしました、メレンゲです」という挨拶に続き、軽快な「旅人」でライブをスタートさせる。バンドはこの日のために、事前にファンからリクエストを募っており、序盤から「輝く蛍の輪」「きらめく世界」といった初期曲を連投し、ファンを喜ばせていった。MCではクボが、ひさしぶりのライブであること、また15周年記念にホールでワンマンライブができたことについて「なんかうれしいですね」と笑顔を見せた。

クボが「いつもより曲数が多くてしんどい」と冗談交じりに話して笑いを誘いつつも、彼らは壮大な楽曲にあわせてミラーボールが場内を彩った「ムーンライト」、ノイジーな演奏が印象的な「ソト」、電子音を織り交ぜた「楽園」などバラエティ豊かな楽曲群を惜しみなく届けていく。さらにクボが「歌うのがしんどくて今までほとんどライブでやらなかった」と明かした「スターフルーツ」ではクボがギターを置いてハンドマイクで熱唱。クボがアコースティックギターに持ち替えた「タイムマシーンについて」では、冒頭のクボの弾き語り部分が始まると同時にステージ上に星空のような照明がほどこされ、ファンは息を飲んだ。

後半のMCでクボとタケシタツヨシ(B, Cho)の2人は改めて15周年について言及。クボは「15年って長かったのか、短かったのかわかんないですけど、生き物みたいに誕生日みたいな日を祝ってもらったりして、ありがたい」と感謝の言葉を述べる。続けて「この際だからみんな一緒に年を取っていきましょうね」とファンへ呼びかけ、客席からは温かな拍手が送られた。

グルーヴィーな「CAMPFIRE」でライブはラストスパートへ。「July」「アンカーリング」といったアップテンポなナンバーが続けて届けられ、ファンは体を揺らしたり、タケシタと共にリズミカルなハンドクラップを繰り出したりと、身体いっぱいに楽曲を堪能していく。「ビスケット」ではクボが最後のサビをファンに託し、場内には大合唱が巻き起こった。「ビスケット」の演奏後にクボは、普段のライブでは同曲をラストナンバーにすることが多いと話し、「今日はこの曲で終わりたいと思って……結構大事にしてる曲」と前置きして「願い事」を丁寧に届けた。

アンコールで再びステージに登場したタケシタは、ファンが歴代のバンドのグッズを身に付けていることを喜ぶ。そして2人は9月に東名阪ツアー「for you」を実施することを発表。クボは改めて日本橋三井ホールのステージをぐるりと見渡し「僕には天井の高いところが似合ってるから、またここでやりたいなあ」と意欲を見せる。そしてバンドはひさしぶりに演奏すると言う「カメレオン」、新曲「アイノウタ」を届けてステージをあとにした。さらに彼らはアンコールを求める声に押されて再登場。2人は「帰りたくない」と口々に言うと、最後に「夕凪」をエモーショナルに演奏し「またここで会いましょう」と再会を誓ってワンマンライブの幕を下ろした。

メレンゲ「単独公演15th Anniversary 初恋の掟 2017」
2017年6月23日 日本橋三井ホール セットリスト
01. 旅人
02. 輝く蛍の輪
03. きらめく世界
04. 君に春を思う
05. 燃えないゴミ
06. ムーンライト
07. ソト
08. アルカディア
09. 楽園
10. スターフルーツ
11. 魔法
12. 8月、落雷のストーリー
13. タイムマシーンについて
14. CAMPFIRE
15. ミュージックシーン
16. July
17. アンカーリング
18. ビスケット
19. 願い事
<アンコール>
20. カメレオン
21. アイノウタ
22. 夕凪

15th メレンゲtour「for you」
2017年9月15日(金)大阪府 246ライブハウスGABU
2017年9月16日(土)愛知県 池下CLUB UPSET
2017年9月18日(月・祝)東京都 UNIT

最終更新:6/26(月) 18:43
音楽ナタリー