ここから本文です

降格圏脱出の大宮MF岩上が走行距離2位…J1第16節

6/26(月) 13:08配信

スポーツ報知

 明治安田生命J1リーグ戦第16節は25日、各地で行われた。Jリーグが公式サイトで発表している走行距離でチーム別ではG大阪が114・049KM(キロメートル)でトップ、2位に磐田で114・037KM、3位に横浜Mで112・955KMだった。

 個人では鹿島に0―2で敗れた新潟MF加藤大が12・401KMでトップ。広島に3―0で勝ち、降格圏を脱出した大宮のMF岩上祐三が12・331KMで2位だった。個人の走行距離10傑は次の通り。

(1)12・401KM MF加藤大(新潟)対鹿島

(2)12・331KM MF岩上祐三(大宮)対広島

(3)12・161KM MF井手口陽介(G大阪)対川崎

(4)12・103KM MF高橋義希(鳥栖)対浦和

(5)12・010KM MF扇原貴宏(横浜M)対神戸

(6)11・928KM DF渡部大輔(大宮)対広島

(7)11・926KM MF青山敏弘(広島)対大宮

(8)11・898KM MF川辺駿(磐田)対F東京

(9)11・848KM DF桜内渚(磐田)対F東京

(10)11・834KM MF倉田秋(G大阪)対川崎

※名前の後のカッコ内は所属

最終更新:6/26(月) 13:08
スポーツ報知