ここから本文です

棒高跳びの山本、8月世界選手権に向け「今年は変化の年」

6/26(月) 21:43配信

デイリースポーツ

 日本陸連は26日、堺市内で8月の世界選手権(ロンドン)の代表男女19人を発表した。3度目の世界選手権となる棒高跳びの山本聖途(トヨタ自動車)は「今年は変化の年」とテーマを掲げた。

 五輪では12年のロンドン、昨年のリオと2大会連続で記録なしに終わり「もう無理、やめようと思った」と引退を決意。

 しかし、日本代表に帯同していた日体大・小林史明コーチから「国内ではオレしか(山本)聖途は見られないぞ」と言われて奮起。愛知から東京へ拠点を移し、同氏に師事した。

 これまで一人で練習してきたが、指導者を得て「自分の体がコントロールしやすくなった」と成果を口にした。