ここから本文です

鈴木みのる、NEVER無差別級2度目の防衛

6/27(火) 0:03配信

スポーツ報知

 ◆新日本プロレス「KIZUNA ROAD2017」(26日、東京・後楽園ホール 観衆1305人)

 ▼第1試合(シングルマッチ10分1本勝負)

△海野翔太(10分00秒 時間切れ引き分け)△八木哲大

 ▼第2試合(シングルマッチ10分1本勝負)

△岡倫之(10分00秒 時間切れ引き分け)△北村克哉

 ▼第3試合(6人タッグマッチ20分1本勝負)

〇金丸義信、TAKAみちのく、タイチ(8分56秒 ディープインパクト→片エビ固め)●川人拓未、タイガーマスク、獣神サンダー・ライガー

 ▼第4試合(8人タッグマッチ20分1本勝負)

〇矢野通、邪道、石井智宏、後藤洋央紀(9分44秒 横入り式エビ固め)●中西学、永田裕志、小島聡、天山広吉

 ▼第5試合(タッグマッチ30分1本勝負)

〇エル・デスペラード、デイビーボーイ・スミスJr(9分39秒 ピンチェ・ロコ→体固め)●外道、オカダ・カズチカ

 ▼第6試合(10人タッグマッチ30分1本勝負)

〇EVIL、高橋ヒロム、内藤哲也、SANADA、BUSHI(12分30秒 Banshee Muzzle)●デビッド・フィンレー棚橋弘至、真壁刀義、ジュース・ロビンソン、田口隆祐

 ▼第7試合(NEVER無差別級選手権試合60分1本勝負)〇鈴木みのる(26分13秒 ゴッチ式パイルドライバー→体固め)●YOSHI―HASHI

 ※王者・鈴木が2度目の防衛に成功

最終更新:6/27(火) 0:03
スポーツ報知