ここから本文です

海老蔵、麻央さんは「俺を助けに来てくれた」千秋楽で心境を語る

6/26(月) 23:04配信

スポーツ報知

 乳がんと闘いながら22日に亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん(享年34)の緊急特番「小林麻央さん追悼番組~優しく強く生きた34年~」が26日、日本テレビ系で放送された。夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)は、自主公演「ABKAI2017~石川五右衛門 外伝~」(東京・渋谷シアターコクーン)の千秋楽があった25日、カメラ前で心境を明かした。

【写真】市川海老蔵と小林麻央さん

 海老蔵は千秋楽の直前、メイクをしながら「困っている人を助けに行きたいって言うものがテーマになってきているって話を耳にはさんで『そういう仕事をどんどんさせてください』ってアナウンサーの時に言っていて、ぶれてないなって思って。だから、日本で一番困ったちゃんだった俺を助けに来てくれたんだろうな。やるしかないんでね、残された人間は」と決意を口にした。

 番組では、今年1月4日に病室で撮影されたインタビューも再放送された。1月9日放送の「市川海老蔵にござりまする」のため受けた、麻央さん最後となったインタビューで、海老蔵への思いや病気について語ったもの。海老蔵は直後にブログを更新し、「こんなに頑張ってお話してくれてたんだね、ありがとう。涙 本当にまおとは以心伝心できてたんです、まおと共に生きたかった」と、心境をつづった。

最終更新:6/27(火) 8:42
スポーツ報知