ここから本文です

【Bリーグ】栃木・遠藤、田臥超えへ「嵐」との共演熱望!

6/27(火) 6:03配信

スポーツ報知

 バスケットボール男子のBリーグは26日、2季目となる2017~18年シーズンの開幕カードを発表した。会見に出席した初代王者・栃木ブレックスのポイントガード(PG)遠藤祐亮(27)は新シーズンの目標に、チームの顔となっているPG田臥勇太(36)以上のメディア露出を掲げた。コート内外で話題を振りまくベテランを超えるため、人気アイドル「嵐」との共演を熱望した。

 開幕カードの発表会見で、昨季の優勝メンバーが意外な悩みを切実に訴えた。Bリーグを盛り上げるアイデアを尋ねられた栃木PG遠藤が掲げたのは「田臥選手以外のメディア露出」だった。目立つための作戦は人気アイドルグループ。「嵐とかと絡みたい。ジャニーズの力を借りたい」とぶち上げた。

 昨季はベストディフェンダー賞に選出され、初の日本代表入り。大きく飛躍したとはいえ、「日本人初のNBAプレーヤー」で以前から競技の枠を超えて知名度がある田臥にはかなわない。栃木関係者によると、地元メディアを除き、単独取材の依頼は田臥が9割を占めるという。複数の選手が出演する場合も「まず田臥ありき」の依頼がほとんど。さらに、テレビ朝日・竹内由恵アナウンサー(31)との交際が報じられたばかり。他の選手にとっては「優勝して露出が増えたけど、ほとんど田臥さん」(遠藤)を痛感する状況なのだ。

 会見に同席した新人王のPGベンドラメ礼生(23)=サンロッカーズ渋谷=も「メディアをジャックする」と宣言。昨年、ファッション誌「メンズノンノ」に掲載され「楽しかった。ファッション誌とかにもどんどん出ていきたい。イケメン担当じゃないので難しいけど、ハーフなので注目してもらえれば」と“課外活動”をアピールした。

 創設当初から露出を重視するリーグの方針もあり、選手個人のプロ意識も高まってきた様子。遠藤が熱望したジャニーズとの共演も「もっとバスケ界を盛り上げたい。メディアに出て(ファンに)楽しんでもらいたい」という意欲の表れだ。熱い試合だけでなく、コート外からも2年目のシーズンを盛り上げていく覚悟をのぞかせた。

最終更新:6/27(火) 6:03
スポーツ報知