ここから本文です

【DeNA】控え捕手・高城、27日ミスター持つ4試合連続三塁打のタイ記録に挑戦

6/27(火) 6:03配信

スポーツ報知

 DeNA・高城俊人捕手(24)が先発出場予定の27日の広島戦(横浜)で、約2か月越しで王手をかけているプロ野球タイ記録にひっそりと挑戦する。

 主にドラ1左腕・浜口の専属捕手として週に1度程度しか出場しない控え捕手が挑むのは、4試合連続三塁打。記録保持者は1960年の巨人・長嶋茂雄だ。5月30日の日本ハム戦(札幌D)で自身3年ぶりの三塁打を放つと、続く6月6日の楽天戦(山形)、同14日のロッテ戦(横浜)でも記録。この3試合、12打数6安打で打率5割と大当たりだった。

 交流戦開幕前、高田GMに指導を受け打撃開眼した高城は26日、横浜スタジアムで自主練習。ミスターの記録に並ぶことを聞かされても「そうなんですか? でも、無理です。足も遅いし、今までも運がいいだけですから」。この無心ぶりが57年ぶりの大記録につながりそうな気がしないでもないが、果たして。(片岡 泰彦)

最終更新:7/4(火) 10:02
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/24(月) 1:10