ここから本文です

【NBA】J.バトラー、トレードに「ビジネスとはどんなものか思い知った」

6/26(月) 12:20配信

ISM

 現地22日に、シカゴ・ブルズからミネソタ・ティンバーウルブズへのトレードが決定したジミー・バトラー。同選手はこれに理解を示しつつも、球団の扱いには不満があったようだ。米『bleacherreport』が現地24日に伝えている。

 同サイトによると、バトラーは地元紙『Chicago Sun-Times』の記者に対し、「クレイジーだよ。ビジネスとはどんなものか思い知ったね」とコメント。「誰かに怒りをぶつけることはできないし、僕は怒ってない。ただ、やり方が気に入らない。でも、もうOKだ」と、球団の決断に理解を示しつつ、物事を進める方法への不満を覗かせた。

 バトラーはまた、自身が「シカゴ・ブルズの顔」と呼ばれていたことにも言及。「顔か。好きなように呼んでもらって構わないが、僕はもうその話に興味はない。誰のチームか? そんなことは何の意味も持たない。僕が学んだことがわかるだろう。チームの顔であっても、お払い箱になって街を去ることになる。だから、ノーサンクスだ」と述べている。

最終更新:6/26(月) 12:45
ISM