ここから本文です

青木(東邦銀行)初V 陸上日本選手権女子400障害

6/26(月) 10:25配信

福島民報

 陸上の世界選手権代表選考会を兼ねた日本選手権最終日は25日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われ、女子400メートル障害決勝で青木沙弥佳選手(30)=東邦銀行=が56秒35で初優勝を飾った。
 青木選手は今大会、2年前に優勝している400メートルにエントリーせず、400メートル障害に絞って出場した。24日の予選からトップタイムを出すなど好調を維持して決勝に臨んだ。決勝は序盤に頭一つ抜け出し、最後は2位の選手に1秒32差をつけてゴールした。
 青木選手は「勝てたのはすごくうれしいが、記録を出したかった。満足せずにもっと上の記録を狙っていきたい」と語った。

福島民報社

最終更新:6/26(月) 13:31
福島民報