ここから本文です

犬連れ戻そうと踏切へ 男性はねられ死亡

6/26(月) 7:24配信

岐阜新聞Web

 25日午後2時25分ごろ、岐阜市上川手の名鉄名古屋線の踏切で、犬の散歩中だった近くに住む岐阜医療科学大学准教授の羽賀新世さん(52)が、須ケ口発名鉄岐阜行き普通電車(2両編成)にはねられ死亡した。乗客ら6人にけがはなかった。
 岐阜南署によると、羽賀さんは犬が遮断機の下りた踏切内に入り込んだため、遮断機の外から連れ戻そうとしていた。リードを引っ張っていた羽賀さんに男性運転士(47)が気付き、ブレーキをかけたが間に合わず、はねられたらしい。犬も死んだ。
 犬は体長約1メートル。羽賀さんが踏切に入った経緯を調べている。
 名鉄によると、名鉄一宮-名鉄岐阜間の上下線が約2時間運転を見合わせた。上下線計59本が運休または部分運休、同27本に最大1時間52分の遅れが生じ、乗客約7千人に影響があった。

岐阜新聞社

最終更新:6/26(月) 10:16
岐阜新聞Web