ここから本文です

ネット知識、正義に生かせ サイバー捜査官募集

6/26(月) 8:42配信

岐阜新聞Web

◆県警、大卒者は巡査部長で採用
 高度化、巧妙化するサイバー犯罪に対処するため、県警は2018年4月採用のサイバー犯罪捜査官を募集している。過去2年募集を行ったが採用実績がなく、より多くの人に応募してもらうため、今回から大卒者は巡査部長で採用するよう改めた。
 県警では一昨年度から、生活環境課にサイバー犯罪対策室を設置。現在、捜査官として2人が勤務している。同課によると、昨年の不正アクセスやインターネットを利用した詐欺などの摘発件数は105件。
 受験資格は、1982年4月2日以降の生まれ。情報処理安全確保支援士などの資格を持ち、2014年4月以降で18年3月までに、民間企業などで情報通信技術関連の勤務経験が3年以上ある人。
 教養、作文の1次試験は9月17日、10月中旬から11月上旬に面接や体力検査などの2次試験を行う予定。会場はいずれも岐阜市内。
 県警警務課は「他部署への異動もなく、この分野のスペシャリストとして活躍できる」としている。
 受験希望者は、8月15日までに同課人事第1係に電話で申し込む。電話058(271)2424、内線2633。

岐阜新聞社

最終更新:6/26(月) 10:09
岐阜新聞Web