ここから本文です

民家床下で不発弾発見 可児市

6/26(月) 14:29配信

岐阜新聞Web

 26日午前8時35分ごろ、岐阜県可児市土田の民家の住民から「床下から不発弾のようなものを見つけた」と、可児署に届け出があった。不発弾は1個とみられ、同署は爆発の危険性は低いといい、要請を受けた陸上自衛隊が同日午後に撤去作業する。
 同署によると、家人の男性(58)が今月24日午前10時ごろ、家屋の修繕のため、物置部屋の床下を見たところ、新聞紙に包まれた不発弾らしきものが地面にあるのを見つけた。不発弾は、長さ約40センチ、直径約10センチの筒状の金属製。新聞紙は30年ほど前のものとみられるという。
 現場は、土田小学校から南約400メートルの住宅地。現場周辺の半径約50メートルが一時通行止めとなったが、爆発の危険性が低いとして避難指示は出されなかった。

岐阜新聞社

最終更新:6/26(月) 14:29
岐阜新聞Web