ここから本文です

水カン初の武道館公演が映像作品化 監督は山田智和、ティザー映像公開

6/26(月) 18:20配信

CINRA.NET

水曜日のカンパネラの映像作品『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演~八角宇宙~』が7月26日にリリースされる。

【動画と画像を見る(4枚)】

同作は、3月8日に東京・九段下の日本武道館で行なわれた単独公演の模様を収めた映像作品。オープニング曲“猪八戒”からアンコール曲“ドラキュラ”までの全24曲に加えて、これまでにPVやツアーのメイキング映像の監督を務めてきた岩淵弘樹が日本武道館公演までの裏側に密着した約45分のメイキング映像を収録する。YouTubeでは本編全体の映像監督を務めた山田智和が「ビックバン」をテーマに制作したティザー映像が公開中。Spotifyでは、同公演のプレイリストが公開されている。

日本武道館の八角形をモチーフにしたジャケットデザインは、日本武道館公演のビジュアルデザインを手掛けたクリエイターの桑原歓行が担当。パッケージの仕様や価格などは後日発表される。なお水曜日のカンパネラは、6月30日に新曲“嬴政”を配信リリースするほか、現在全国ツアー『水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー 2017 ~IN THE BOX~』を開催中だ。

CINRA.NET

最終更新:6/26(月) 18:20
CINRA.NET