ここから本文です

SUPER☆GiRLSに憧れメンバーに、“1000年に一度の童顔巨乳” 浅川梨奈の魅力

6/26(月) 7:00配信

AbemaTIMES

 アイドルグループ・SUPER☆GiRLSで活躍中の浅川梨奈(なな)が注目を集めている。

 2014年、SUPER☆GiRLSの2期メンバーとして加入すると、そのベビーフェイスでファンが急増。そしてもう1つの魅力である“プロポーション”により、ついたキャッチコピーは「1000年に一度の童顔巨乳」。今年、多くの雑誌の表紙を飾り、最も表紙を飾った女性に贈られる「カバーガール大賞 コミック部門」を受賞した。

 最近では、7月15日公開の映画『人狼ゲーム マッドランド』に出演するなど、女優業にも力を入れている。浅川は「自分じゃない誰かの人生を歩めるっていうのが、演技の魅力かなって思っている」と話す。

女優業にも注力

 1月に発売した写真集「なないろ」は、発売して1週間で重版の知らせが届いたという。また、受注生産する等身大サイズの写真集(32万4000円)は、3冊が売れた。

 浅川が所属しているSUPER☆GiRLSは先日、7周年記念ライブを行った。本番直前には、朝9時から夜7時までの入念な練習を行うなか、AbemaTV(アベマTV)では浅川に密着取材を行った。

 グループの先輩メンバーである宮崎理奈・田中美麗・渡邉ひかるは、浅川のことを「ヤンチャだよね。小学生みたい」と話す。熱心に練習をしている先輩メンバーの姿をスマートフォンで激写したり、休憩中にメンバーがスマートフォンを近くに置いた隙に、勝手に変顔を連射で自撮りしたりするなど、天真爛漫な性格だ。そのキャラクターで、グループのムードメーカー的存在になっている。

 そんな浅川は、もともとSUPER☆GiRLSのオタク。スパガに憧れてアイドルを目指し、見事グループに加入した。先輩メンバーは「『この曲って昔いつやったっけ?』とか思い出すと、浅川が『何月の〇〇のライブですよ』って絶対言えるんですよ!『え!?その時ステージに一緒にいなかったよね?』みたいな。スパガを一番知り尽くしているかもしれないです」と話した。また、先輩メンバーの志村理佳は「セットリストにしても『スパガを全然知らない人もいるし、でもコアなファンも来てくれるから、この曲は入れた方がいい!盛り上がる!』とか、ファン目線で(意見を)言ってくれる」、溝手るかも「(他のメンバーが)気づけないところも気づいてくれる」と、浅川に賛辞を送った。

1/2ページ

最終更新:6/26(月) 7:00
AbemaTIMES