ここから本文です

ニンテンドースイッチ最新作のデモプレイ映像集その2。マリオ、スプラトゥーン2 、ヨッシー、ポッ拳DX

6/26(月) 7:11配信

ギズモード・ジャパン

世界最大級のゲーム見本市「E3」で発表された、任天堂の新作ゲームのデモンストレーション映像。14日のデモプレイに引き続き、日本時間の15日に行なわれたものが公開されました。

【画像】スーパーマリオ オデッセイ、マップ画面がトラベルマップみたいなデザイン

中には「Nintendo Spotlight: E3 2017 プレゼンテーション映像」では発表されなかったゲームも含まれています。ではNintendoが公開した各動画をどうぞ。

スーパーマリオ オデッセイ

前回のプレイ映像とは違うワールド「サンドキングダム」で行なわれたデモプレイ。宙に浮いたベルのようなものを刺激し、広がる衝撃波でブロックを崩したり、チェイン・リアクションで別のベルを刺激したりします。

パワームーンのかけらを集めつつ、恥ずかしがり屋のモアイに乗り移り、サングラスをかけると見えないものが見えるようになります。サングラス無しで沼地を渡るのは、なんだか映画『インディ・ジョーンズ/最後の聖戦』のよう。

お次は「Tostarena Town」の夜のステージもプレイ。さすが「旅」がテーマなだけあって、マップ画面がトラベルマップみたいなデザインです。パンフレット形式で世界の見所などが書かれているのがシャレてますよね。さすがに広大な箱庭を走って移動するのは大変なので、ここではジャクシーという石のライオンに有料で乗って超高速移動ができます。ここがメキシコをテーマにしているのは、開発チームが実際に旅をした経験から影響を受けているとのこと。

ニュードンクシティーでは、『ドンキーコング』にさらわれる女性ポーリーンが市長となっており、この国の通貨には彼女の顔が彫られています。さすが大都会らしく、ベスパ型のスクーターで高速移動も可能。この国では検査官のコスチュームに着替えられますが、これは『スーパーマリオメーカー』のものでしょうか。

ビルの屋上では自らが電気となって電線を移動します。そして夜のニュードンクシティーはボス戦です。戦車に乗り移り、巨大なメカ・ウィグラー(ムカデ)と対決です。緊張感がありますね。

『スーパーマリオ オデッセイ』 は2017年10月27日(金)に発売予定です。

1/3ページ