ここから本文です

大逆転勝利、35歳ロペス チリッチ破り大会初V<男子テニス>

6/26(月) 8:08配信

tennis365.net

AEGON選手権

男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、芝、ATP500)は25日、シングルス決勝戦が行われ、世界ランク32位のF・ロペス(スペイン)が第4シードのM・チリッチ(クロアチア)を激闘の末に4-6, 7-6 (7-2), 7-6 (10-8)の大逆転で破り、大会初、キャリア通算6勝目をあげた。

【ロペス離婚 モデル元妻が暴露】

この日、35歳のロペスはチリッチのサービスゲームを1度も破ることが出来ずに第1セットを落とす。続く第2セットでは両者サービスキープからタイブレークへ突入し、先にリードしたロペスがこのセットを取りきってセットカウント1-1へ持ち込む。

その後、ファイナルセットでも接戦を繰り広げた両者は、どちらも譲らずに2度目のタイブレークへ。一進一退の攻防の中、最後はチリッチのフォアハンドがアウトし、2時間31分に及んだ激闘に終止符が打たれた。

勝利の瞬間、ロペスは両手で顔を覆って天を仰ぎ、喜びを噛み締めていた。

今大会、ロペスは1回戦で第2シードのS・ワウリンカ(スイス)、2回戦でJ・シャルディ(フランス)、準々決勝で第7シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)、準決勝で第6シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)とシード勢を次々と破り、ノーシードで決勝まで駒を進めていた。

先週のメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)でも準優勝を飾っていたロペスは今回、昨年7月のスイス・オープン・グシュタード(スイス/グシュタード、クレー、ATP250)以来となるタイトルを手にした。

tennis365.net

最終更新:6/26(月) 8:08
tennis365.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ