ここから本文です

バルサ、広州のパウリーニョを“爆買い”か「オファーは事実だし、どうすれば良いか……」

6/26(月) 0:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

名門からの誘いに迷い?

中国スーパーリーグの広州恒大でプレイするブラジル代表MFパウリーニョが、スペイン屈指の名門からのオファーは事実だと認めている。

2015年6月に移籍金およそ19億円で中国上陸を果たしていた28歳のパウリーニョ。ダイナミックなプレイスタイルと正確なパスさばきを売りとする同選手は、先日バルセロナから関心を持たれていると報じられていたが、どうやらそれは事実だったようだ。本人が『Globoesporte』のインタビュー内で明かしている。

「僕の代理人を通して実際にバルセロナからのオファーはあったよ。彼らが話し合いを行なっていることも知ってる。でも、僕は今ここでプレイできて幸せに感じてるし、自分のキャリアや人生にも不満はない」

だが、わずかに迷いがあることも付け加えている。

「バルセロナのようなクラブからこんな風にオファーが来れば、どうすれば良いか分からなくなるね。決めるのはとても難しいよ」

2013年にはインテルやローマ、さらにはレアル・マドリードなども同選手の獲得に動いていたが、彼はイングランドのトッテナム行きを選択。加入初年度は素晴らしい活躍を披露していたものの、2年目は大幅に出場機会が激減していた。果たして彼は再びヨーロッパトップレベルで挑戦するのだろうか。今後の続報に期待だ。

http://www.theworldmagazine.jp