ここから本文です

宇部鴻城は第1シード、夏の甲子園へ県予選組み合わせ

6/26(月) 13:32配信

宇部日報

7月15日開幕、60チーム熱戦

 第99回全国高校野球選手権山口大会(県高校野球連盟など主催)の組み合わせ抽選会は24日、山口市の県教育会館であり、出場60チームの対戦相手が決まった。大会は7月15日に開幕し、順調に進めば28日に県代表が決定する。

 地区大会は宇部市野球場「ユーピーアールスタジアム」、オーヴィジョンスタジアム下関、津田恒実メモリアルスタジアム、ビジコム柳井スタジアムの4球場で、15、16日と18、19、21、22日に1~3回戦が行われる。決勝大会は西京スタジアムで、24、25日に準々決勝、26日に準決勝を実施。決勝は28日午前10時から行われる予定。

 地元勢は15校が出場し、市野球場とオーヴィジョンスタジアム下関、ビジコム柳井スタジアムで初戦を迎える。甲子園春夏連続出場を狙う宇部鴻城が第1シード、春の大会8強の厚狭と西京が第2シードとなった。

最終更新:6/26(月) 13:32
宇部日報