ここから本文です

印西署保護の泥酔男性死亡 千葉県警

6/26(月) 10:55配信

千葉日報オンライン

 千葉県警子ども女性安全対策課は25日、泥酔のため印西署員が保護した栄町の会社員男性(24)が入院先の病院で死亡したと発表した。

 同課によると、男性は10日に印西市本埜小林の会社敷地内で同僚数人とバーベキューをしている最中、泥酔して暴れたため午後6時25分ごろ署員が保護した。同署への搬送中に心肺停止状態となり同市内の病院に入院したが、24日午後9時25分ごろ死亡が確認された。死因は不詳。

 保護した署員は蘇生術などを施し、男性を救急隊に引き継いだという。同課は保護手続きに「問題がなかったか詳しく調査する」としている。(本紙、千葉日報オンラインでは実名報道)