ここから本文です

1元の支払いで銀行口座を空っぽにする「一元木馬」マルウェア

6/26(月) 15:45配信

THE ZERO/ONE

たった1元(16円)を支払っただけなのに、銀行口座が空っぽになるという、マルウェア「一元木馬」を利用した詐欺事件の容疑者71名が逮捕され、浙江省杭州市検察院が詐欺罪、信用カード詐欺罪、窃盗罪などで起訴をしたと、検察日報が報じた。

簡単に行える「一元木馬」

この一元木馬は、簡単に詐欺犯罪が行えることから、若者の間で広まっている。相手に1元を支払わせるだけで、銀行口座の資金全額を盗めるというマルウェアだ。

2016年の1月から5月まで、張きん森(ちょう・きんしん)と郭金爛(かく・きんらん)の2人が中心となって、71名が一元木馬詐欺を働いた。
2人は、まず中国最大のSNS「QQ」のゲーム関係のグループに加入した。中国で人気のあるPC用ネットゲーム「魔獣世界」(World of Warcraft)のファングループに加入し、「Q幣を格安で販売する」というメッセージを掲載した。Q幣(キュービー)というのは、QQの中で利用できるゲーム内通貨。魔獣世界関連のアイテムを購入するときに必要で、100Q幣が100元(約1600円)で購入できる。2人は、200Q幣を100元という半額で販売するというメッセージを出して、カモが引っかかるのを待っていた。

ターゲットの残高情報が欲しい

すぐに杭州市の若者が、犯人たちのメッセージに目を留めた。若者は、郭金爛のQQアカウントに連絡を入れ、Q幣を売ってほしいと告げた。すると、口座番号が送られてきて、100元の入金が確認できたら、若者のアカウントにQ幣をチャージすると言う。

若者は一瞬、100元を騙し取られるのではないかとも思った。しかし、相手のQQアカウントはわかっているので連絡は取れる。それに、騙されたとしてもたかが100元だ。若者は言われた通りに100元を送金し、Q幣がチャージされるのを待っていた。

しかし、Q幣はいつまで経ってもチャージされなかった。若者は再度、郭金爛に連絡を取った。すると、郭金爛は「まだ100元の送金が確認できていない。なにかトラブルがあったのかもしれない」と言い、送金履歴の画面を撮影し、それを送ってくれないかと言う。送金履歴画面があれば、送金したことは間違いないのだから、Q幣を送る。あとは、郭金爛の方でトラブルを解決すると言う。

若者は言われるままに、送金履歴の画面を撮影し、その画像を郭金爛に送った。若者は気がついていなかったが、この送金履歴画面には口座の残高も表示されている。若者の口座には約4万6000元(約73万6000円)の残高があった。郭金爛が知りたかったのは、この残高情報だった。郭金爛は、この4万6000元を奪うつもりだった。

1/2ページ

最終更新:6/26(月) 15:45
THE ZERO/ONE