ここから本文です

【インド】国内IT産業は米国ビザ頼みではない─インフォシスCEO

6/26(月) 18:30配信 有料

INDO WATCHER ビジネスプレミアム

 ITサービス大手インフォシスのビシャル・シッカCEOは、「国内IT産業のビジネスモデルが米国の一時就労ビザ(H-1B)に過度に依存しているという見方は間違っている」との見解を示した。H-1Bをめぐってはドナルド・トランプ米大統領が4月、審査を厳格化する大統領令に署名しており、インドIT各社への影響が懸念されている。ワシントン発PTI通信が6月23日付で報じている。本文:1,127文字 この記事の続きをお読みいただくには、INDO WATCHER ビジネスプレミアムの購入が必要です。

  • 通常価格:
    378円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)