ここから本文です

スピード証明写真機よりさらに安く節約できる バイトやパートの履歴書に貼る「証明写真」の撮り方3選

6/26(月) 12:02配信

マネーの達人

証明写真代を節約したい

最近は人手不足というものの、実際にはバイトやパートがなかなか決まらず「面接に行っても落ちてばかり…」という話を耳にします。

条件のよい仕事に就きたいとなると、一回の応募で採用決定になるのはなかなかむずかしいのかもしれません。

応募するにあたって履歴書を書くのもかなりの労力を使いますし、採用されなかった場合でも履歴書返却はほとんどありません。そうなると、貼り付けた写真もムダになってしまいます。

証明写真を撮影するには、写真館では約3000円、カメラ店では約1500円。お手軽なボックス型の証明写真自動撮影機でも約800円。

たいてい基本料金で4枚程度はもらえますが、たくさん写真が必要になるとかなり痛い出費となります。

とくに、アルバイトやパートなどちょい稼ぎのための初期投資はできるだけ抑えたいですよね。

証明写真代を節約したい。そんな方のために、スピード証明写真機よりさらに安くできる方法をおすすめ順に3つご紹介します。

1. ピクチャン 200円

スマホやデジカメで撮った写真を「ピクチャン」のサイトからアップロードして登録し、注文番号をコンビニのマルチコピー機に入力してプリントする方法です。200円で3枚の証明写真ができます。

■メリット

・ 対応コンビニが多くて24時間受け取り可能。
(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルK・サンクス)

・ アプリのインストール不要。会員登録も不要。プリント予約番号はメールアドレスに送られてきます。

2.履歴書カメラ 30円

バイト求人情報誌のタウンワークがリリースしているアプリ「履歴書カメラ」です。

アプリ内のカメラで撮影するか、撮影済の画像データを使用します。肌を健康的に見せたりクマ消しできる機能があるのが特徴です。

証明写真サイズを選択したら、プリンターで印刷。もちろん自宅のプリンターで印刷できるのですが、用紙やインクなどが万全ではないことも多いのでコンビニのマルチコピー機でプリントするのがおすすめ。

履歴書カメラアプリでつくった証明写真をコンビニでプリントする場合は、ネットプリントアプリが必要です。

セブンイレブンなら「netprint」、ローソンやファミリーマートなら「ネットワークプリント」。

履歴書カメラで作成した画像を選択して登録すると発行されるプリント予約番号を、コンビニのマルチコピー機に入力すればOK。写真Lサイズで印刷すれば料金はわずか30円です。

■メリット

・なんといっても価格が安い。

1/2ページ

最終更新:6/26(月) 12:02
マネーの達人