ここから本文です

【動画解説】九州は梅雨明け近い?梅雨後半戦 雨のエリア広がる

6/26(月) 12:25配信

ウェザーマップ

 本州では雨のシーズン真っ只中ですが、この先一週間は前半と後半で雨のエリアが変わってきそうです。今後の雨の見通しを詳しく解説します。

 きょう26日は、梅雨前線が九州南部から伊豆諸島あたりにのびていて、停滞しています。
 この前線は28日(水)頃までは同じような所に停滞しますが、その後は太平洋高気圧が強まるため、日本海から東北付近まで北上する見込みです。

 あす27日の午前中は西日本の太平洋側を中心に雨となりますが、午後になると、西日本の広い範囲に雨雲がかかってきます。
 28日(水)には関東あたりまで雨の範囲が広がり、雨脚の強まる所があるでしょう。
 その後、30日(金)までは関東から西の地域で雨が降りやすくなりますが、7月になると、北陸や北日本が雨の中心となりそうです。西日本では晴れマークが目立ってきて、九州ではひょっとすると、記録的に早い梅雨明けとなるかもしれません。(気象予報士・多胡安那)

最終更新:6/26(月) 12:42
ウェザーマップ