ここから本文です

ムスリムの皆さん帯広へ 帯広商工会議所に「礼拝所」 7月に開所

6/26(月) 14:18配信

十勝毎日新聞 電子版

 帯広商工会議所(高橋勝坦会頭)は、共同所有する帯広経済センタービル(西3南9)内に、ムスリム(イスラム教徒)の人たちが広く使用できる「礼拝所」を開設した。まちなかへのインバウンド(訪日外国人旅行者)需要に対応するのが狙いで、使用開始は7月から。帯商は「帯広ではまだ数少ない。今回をモデルに、飲食店などへの開設を後押ししたい」(国際ビジネス推進室)としている。

 礼拝はイスラム文化で欠かせないもので、基本、場所は問わないが、手足や口、顔などを水で洗って清めた上で、1日5回、メッカのカーバ神殿の方角(キブラ)で行う。

 マレーシア出身でイスラム教徒の帯商職員のシティ・アズミラさんは「特に旅行など普段とは違い、礼拝する方角もすぐに分からない場合が多い。また、旅行者などが広く使える礼拝所は市内にはほとんどないと思う。逆に専用のスペースで清めたり、礼拝する方角が分かったりするだけで、ムスリムの人たちへの安心感につながる」とする。

 ビル内3階の空き部屋に、水の入った蛇口付きポリタンクと、足などを洗えるおけなどを設置。女性が体を覆う民族衣服や、敷物などの替え、脱衣スペースも配備。男女で礼拝スペースを分けており、それぞれ、敷物の先にキブラが示されている。経費はほとんどかかっていないという。

 帯商は近年、インバウンド強化でムスリム対応メニュー提供の飲食店へのアドバイス事業などを進めており、「礼拝所というと構えてしまうが、ちょっと工夫することでムスリム対応になると知ってもらえたら」と話す。問い合わせは帯商国際ビジネス推進室(0155・25・7121)。(佐藤いづみ)

十勝毎日新聞