ここから本文です

国道で乗用車全焼、車内に遺体 運転男性は両足にやけど 佐賀

6/26(月) 10:40配信

佐賀新聞

 25日午前0時10分ごろ、佐賀県佐賀市三瀬村杠の国道263号で、乗用車が炎上しているのを車で通り掛かった男性が見つけ、110番した。乗用車は全焼し、車内から1人の遺体が見つかった。車外には車の所有者で、運転していたとみられる自称人事院事務局勤務の30代男性=福岡市=がおり、両足にやけどを負い、市内の病院に搬送された。佐賀北署によると、男性の妻と連絡が取れていないという。

 同署によると、遺体は助手席付近で発見された。損傷が激しく、近く司法解剖をして身元や死因の特定を進める。

 現場は福岡県との県境にある三瀬トンネルから南西約3キロ。乗用車は道路の左脇に寄せて止まっており、車体に事故の目立った痕跡は見られなかった。出火原因を調べている。

最終更新:6/26(月) 11:38
佐賀新聞