ここから本文です

[コンフェデ杯]オーストラリア、大会敗退も南米王者に堂々のドロー

6/26(月) 2:36配信

theWORLD(ザ・ワールド)

気持ちを見せたオーストラリア

25日にコンフェデレーションズカップ2017・B組の第3戦、チリ代表対オーストラリア代表の試合が行なわれた。勝ち点4を積み重ねているチリは引き分け以上で準決勝進出が決まるが、オーストラリアは準決勝進出のためには2点差以上での勝利が絶対条件となっている。

最低でも2点が必要なオーストラリアは、立ち上がりから主将ケイヒルを中心にハイプレッシャーを掛ける。対するチリはそれを巧みにいなし、オーストラリアゴールを脅かす。しかしチリは再三のチャンスを作るも決めきれない。

すると42分、オーストラリアのハイプレッシャーが結果として表れる。チリのミスを見逃さなかったオーストラリアは、ショートカウンターでゴール前まで行くと、最後はトロイージが冷静に決め先制に成功。前半終了間際には両チームに決定機が訪れるも互いに決めきれず、オーストラリアリードで前半を折り返す。

このままでも準決勝進出が決まるチリだが、後半開始から選手を2枚入れ替え流れを変えにかかる。するとこの采配がピタリとはまった。67分、後半からピッチに入ったロドリゲスが、混戦から上手く裏に抜け出し同点に追いつく。

準決勝へもう2 点が必要になったオーストラリアは、果敢にチリゴールに迫るもどれも決めることができない。一方、同点に追いつき楽になったチリは、試合を優位に進め逃げ切りを図る。結局最後まで得点は動くことなく、1-1で試合終了。この結果によりチリが準決勝進出を決めている。

南米王者に善戦したアジア王者のオーストラリアだが、グループリーグで大会を去ることになった。しかし今大会で得られたものは多いはずだ。W杯アジア最終予選では、今大会の経験が必ずプラスとなるだろう。

[メンバー]
チリ:ブラボ、イスラ、P・ディアス、ハラ、メナ、アランギス(→エルナンデス45)、シルバ、フエンサリダ(→ロドリゲス45)、ビダル、バルガス(→M・ディアス81)、サンチェス

オーストラリア:ライアン、マッゴーワン、セインズベリー(→ライト72)、トロイージ、ルオンゴ、ミリガン、アーヴァイン、ベヒッチ、クルーズ、ケイヒル(→レッキー57)、ジュリッチ(→マクラーレン62)

[スコア]
チリ 1-1 オーストラリア

[得点者]
チリ:ロドリゲス(67)

オーストラリア:トロイージ(42)

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合