ここから本文です

梅雨前線停滞 九州南部を中心に土砂災害に警戒

6/26(月) 5:18配信

ウェザーマップ

 きょう26日も、九州や奄美、伊豆諸島では、局地的に雷を伴った激しい雨の降るおそれがある。これらの地域を中心に、引き続き土砂災害に警戒・注意が必要だ。

 きょうも、梅雨前線は九州の南から伊豆諸島付近に停滞し、前線の辺りでは大気の不安定な状態が続く。このため、九州や奄美ではきょうも局地的に激しい雷雨となり、九州南部では、あすにかけて非常に激しい雨の降るおそれもある。これまでの大雨により地盤の緩んでいるところがあるため、九州南部を中心に、引き続き土砂災害に警戒・注意が必要だ。低い土地の浸水や河川の増水、落雷や竜巻などの突風にも併せて注意してほしい。また、伊豆諸島でも断続的に激しい雨の降るおそれがあり、こちらも落雷や突風、雨脚の強まりに注意が必要となる。

 そのほか東・西日本は曇り空で、太平洋側では所々で弱い雨が降るが、日本海側は日中に晴れ間が出る見込み。北日本は、午後を中心に晴れそうだ。(気象予報士・染井明希子)

最終更新:6/26(月) 5:41
ウェザーマップ