ここから本文です

患者搬送の医療用ジェット機 道が7月下旬にも運航開始へ

6/26(月) 17:33配信

北海道新聞

実用化は国内初

 道が、医師が不足している地域の患者を札幌圏などに運ぶ医療用小型ジェット機「メディカルジェット」の運航を、7月下旬に開始する方針を固めたことが26日わかった。実用化は国内で初めて。運航は道医師会や自治体でつくる「北海道航空医療ネットワーク研究会」に委託する。

【ドローン動画】見る人ヒヤヒヤ 札幌ドーム展望台清掃

 メディカルジェットは、医療機器などを搭載し、医師や 看護師 が搭乗して高度専門医療を必要とする傷病者を搬送する。

 同研究会は、2011~13年度、国の交付金を活用して研究運航を実施し、85件を搬送した実績があり、この時と同じ中日本航空(愛知)が所有する9人乗りの小型ジェット機を使用する予定。運航費は国と道が費用を折半する形で、道は本年度一般会計予算に関連費用約8千万円を盛り込んだ。

北海道新聞

最終更新:6/26(月) 18:10
北海道新聞