ここから本文です

サニブラウン、多田らが世界陸上代表に選出 桐生は400メートルリレー代表候補に

6/26(月) 13:41配信

スポーツナビ

 日本陸上競技連盟は26日、今夏にイギリス・ロンドンで開催される世界選手権の第1次日本代表選手を発表し、男子短距離のサニブラウン・ハキーム(東京陸協)、多田修平(関西学院大)、ケンブリッジ飛鳥(Nike)ら19名を選出した。

 また、リレー種目の候補選手として桐生祥秀(東洋大)ら4名を発表。リレー種目の派遣については、国際陸上競技連盟より参加有資格国が発表された後に決定される。

 代表選手は25日まで行われていた日本選手権(大阪・ヤンマースタジアム長居)、10日、11日に開催された日本選手権混成競技(長野・長野市営)の結果によって選出。なお、日本選手権で3位以内に入り、今後行われる日本陸連が指定する大会で参加標準記録を突破した選手は、7月24日発表の第2次代表選手に追加招集される可能性が残る。

 第1次日本代表選手は以下の通り。

<男子>
■短距離
サニブラウン・ハキーム(東京陸協)
多田修平(関西学院大)
ケンブリッジ飛鳥(Nike)
飯塚翔太(ミズノ)
北川貴理(順天堂大)

■障害
高山峻野(ゼンリン)
増野元太(ヤマダ電機)
大室秀樹(大塚製薬)
安部孝駿(デサントTC)

■跳躍
衛藤昂(AGF)
山本聖途(トヨタ自動車)
荻田大樹(ミズノ)
山本凌雅(順天堂大)

■混成
中村明彦(スズキ浜松AC)
右代啓祐(スズキ浜松AC)

<女子>
■長距離
鍋島莉奈(JP日本郵政グループ)
鈴木亜由子(JP日本郵政グループ)
松田瑞生(ダイハツ)
上原美幸(第一生命グループ)

<リレー種目候補選手>
■男子4×100メートルリレー
桐生祥秀(東洋大)
藤光謙司(ゼンリン)

■男子4×400メートルリレー
佐藤拳太郎(富士通)
木村和史(四電工)

最終更新:6/26(月) 14:16
スポーツナビ