ここから本文です

東海大菅生の清水盾伎が同校対決制して優勝<男子テニス>

6/26(月) 12:37配信

tennis365.net

ニューバランスチャレンジカップ 2017

テニスで株式会社ニューバランスジャパンが協賛する「ニューバランスチャレンジカップ 2017」は25日、亜細亜大学 日の出キャンパスにて男子18歳以下シングルスの決勝戦が行われ、第1シードの清水盾伎(東海大菅生高校)が予選勝者の在原迅人(東海大菅生高校)を6-4, 6-2のストレートで下し、優勝を果たした。

この日の序盤、優位に試合を進めていた清水は中盤ミスが目立つ場面もあるものの、 第10ゲームで再びブレークに成功してゲームカウント6-4で第1セットを先取。

清水の角度をつく強烈なショットに対し、在原も必死に食らいつくが、清水が押し切り優勝を決めた。

優勝した清水は、試合後のインタビューで「最初は良い入りが出来なくて不安だったんですけど、最後はしっかりまとめることが出来て良かったです」とコメント。

同校対決となった決勝については「普段(一緒に)練習してるので少し緊張しますけど、やりにくさはあまりなかった。でも、やっぱり負けられない気持ちはあったので勝てて良かったです」と明かした。

今大会の入賞者には、ニューバランスジャパンからテニスシューズやバッグなど、テニス用品が贈られた。

今大会の18歳以下の優勝者は、「2018年ニューバランスワールドチャレンジカップ」への出場をかけた日本代表最終選考会へ出場し、他の地域代表選手と戦い、最終選考会で勝ち抜いた選手は、2018年1月にオーストラリア・メルボルンで開催予定の「ニューバランスワールドチャレンジカップ」に招待される。

最後に日本代表最終選考会へ向けて「とにかく勝って、負けずに終わりたいです」と意気込みを話した。

tennis365.net

最終更新:6/26(月) 12:37
tennis365.net