ここから本文です

オランダGPで久々優勝のロッシ、アッセン通算10勝目「ここは”特別”な場所。勝てて嬉しい」/MotoGP

6/26(月) 6:00配信

motorsport.com 日本版

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシは、オランダGPでダニーロ・ペトルッチ(プラマック)を下し今季初優勝。前回の優勝から丸1年ぶりの勝利となった。

【スパイショット】ガレージで組み上げられるバレンティーノ・ロッシのバイク。これがヤマハの新シャシー?

 チームメイトのマーベリック・ビニャーレスがリタイアに終わったこともあり、ポイントランキングの上位が接近。逆転でポイントリーダーに立ったドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾと、ランキング3位のロッシの差は7ポイント。ランキング2位のビニャーレスとは3ポイント差だ。

「チャンピオンシップにとっても重要な優勝だ。今は、タイトル争いは非常に接戦だ」とロッシは語った。

「僕たちは多くのポイントを獲得したが、素晴らしいレースに勝てて、すごくいい気分だ」

 38歳になったロッシは、全クラス通算でアッセンでの勝利は10回目。ロッシにとっては、アッセンは特別な場所だという。

「この場所はいつもスペシャルだ。特に今日はファンも多かったし、サーキットの雰囲気は素晴らしかった」

「僕は最初から最後まで、良いレースを戦っていた。最初に先頭に立った時、ペースが良かったので勝てると思った。それから雨が降り始めたんだ」

「しかし、それこそがアッセンだ。そして、これが僕のアッセンでの10勝目。本当にハッピーだよ」

「いろんな理由でハッピーだけど、間違いなく1番大きいのはまた優勝できたことだ」

「まさに、この感触を味わうために1年中取り組み、レースをしているんだ。だから1年ぶりに勝てたのは素晴らしいことだ。長い間勝てていなかったんだから」

 ロッシは、新シャシーを導入した彼のヤマハYZR-M1を称賛した。彼は、”自分が思ったように乗れる”ようになったと述べた。

「バイクの感触がすごく良くなった。自分の思ったようにバイクに乗れて、また勝つことができた、これが最も重要だ」

「来週も同じようにいくかはわからない。ザクセンリンクも素晴らしいコースだが、アッセンと比べるとかなり違うサーキットだから」

「過去、ザクセンリンクでも素晴らしいレースが多くあった。そこでも競争力があるように願っている」

David Gruz