ここから本文です

プロ棋士の給料・恋愛事情は!? 佐藤七段が明かす「将棋界の舞台裏」

6/26(月) 18:30配信

トレンドニュース(GYAO)

藤井聡太四段の快進撃で、将棋に注目が集まっている。しかし、もともとのファン以外からすると「特殊な世界らしい」という以上のことは、なかなかわからない将棋界。佐藤紳哉七段が、給料事情からプライベートまで、業界の舞台裏を明かしてくれた。

超狭き門、プロ棋士への道! お給料にも迫る!?>>

映像配信サービス「GYAO!」にて配信中のトークバラエティ「さきどりBose」第12回では将棋を特集。ゲストとして佐藤七段と、将棋好き芸人のお笑いコンビ・ザブングルの加藤歩が招かれた。佐藤七段いわく、プロ棋士の給料は「基本給+対局料や賞金」とのこと。狭き門だからこそプロ棋士になってしまえば、「それなりに生活ができる」が、プロ1年目の年収はだいたい「新卒の会社員よりは上」程度だそう。加藤が「年収1000万円くらいだと思っていた」と意外そうにコメントすると、佐藤七段は「プロになれば即1000万円っていうことはないですね」と語った。

また、対局に持参するアイテムに話題が及ぶと、佐藤七段は自身の“七つ道具”を披露。さらに「ネガティブ思考になりがち」というのは、プロ棋士あるあるだそうで、考え込むゆえに異性に対して奥手な人が多いと語った。他にも対局中の食事・おやつ事情などの舞台裏を明かし、MCを務めるヒップホップグループ・スチャダラパーのBoseやタレント・小池美由は感心しきりだった。

(文/原田美紗@HEW)