ここから本文です

斎藤工、向井理との“運命の赤い糸”を強調 『アキラとあきら』完成披露試写会

6/26(月) 21:30配信

ぴあ映画生活

『空飛ぶタイヤ』『下町ロケット』の池井戸潤の小説を原作としたWOWOW『連続ドラマW アキラとあきら』の完成披露試写会が6月26日に開催され、W主演の向井理&斎藤工をはじめ、石丸幹二、田中麗奈、賀来賢人が舞台挨拶に登壇した。

『アキラとあきら』完成披露試写会フォトギャラリー

WOWOWのドラマでは4作目の池井戸原作となる本作。“あきら”という名を持つ、育ちも境遇も異なるふたりの男の運命がバブル前夜から崩壊へと向かう激動の時代を背景に、銀行を舞台に交錯するさまを描き出す。

大企業の御曹司として生まれるも、自らの意思で銀行マンとなった階堂彬を演じる向井は「WOWOWのドラマ念願の初出演です。個人的に視聴していたし、社会派の池井戸作品に出られるてありがたいという気持ちでした。カチッとした職業ものドラマに出ることも少なかったので楽しみで、セリフは大変だろうと思ってましたが……台本を読んで愕然としました(苦笑)」と専門用語による議論が多発する本作の苦労を振り返る。

同じくWOWOWドラマ初出演の斎藤も「セリフに関しては僕も愕然としました」と向井に同意。「内容は、日本がものすごい濃度で動いた時代を切り取っていて、喉が渇くように台本を読み漁りましたし、これに参加できるワクワク感は撮影していてもずっと感じていました」と充実感をにじませる。

共演はこれまでもあったが、互いの印象を問うと、斎藤は「この作品の対比と似ていて、すごくスマートでインテリジェンスがあり、温かい。男の理想です」と語る。一方の向井は「同級生なので親近感がわく人です。いきなりウチに遊びに来たりするし、気心が知れています。同じ時代を生きてきて、深く話すこともなく、深くわかり合っている気がします」と絆の深さをうかがわせた。

作品にちなんで「運命を感じた瞬間」を尋ねると、斎藤は向井が先日、出演したサッカー情報番組に言及。「あるチームを応援していると言ってて、僕もずっと昔から応援してたんです。(向井が)スタジアムでボールボーイもされていたそうで、僕もそのスタジアムに行ってるので、俳優として会う前から同じ空間にいたと思います!」と向井との間の“運命の赤い糸(?)”を強調し、会場をわかせる。

同じ運命にまつわる質問に、すっかり池井戸作品の常連となった石丸は「最初に出たのが『半沢直樹』で、それまではクリーンな役が多く、初めての悪役だったんですが、そこでガラッと運命が変わって、悪い役の仕事しか来なくなりました。運命を変えたのは池井戸潤さんです。ありがとうございました!」とこの日、会場にも足を運んでいるという池井戸氏への感謝を口にし、会場は温かい拍手に包まれていた。

取材・文・写真:黒豆直樹

『連続ドラマW アキラとあきら』
WOWOWプライムにて7月9日(日)より
毎週夜10時から放送(全9話)

最終更新:6/26(月) 21:30
ぴあ映画生活