ここから本文です

「定時退社訓練」は仕事の意識を変えるのか

6/26(月) 18:30配信

ホウドウキョク

働き方改革が叫ばれる中、よなよなエールなどのクラフトビールを製造販売するヤッホーブルーイングは5月、定時退社を支援する「定時退社訓練」を実施した。

この記事を画像つきで読む

定時退社訓練の内容は?

実際に行われたのは以下の5訓練。

【メールをミスなくタイピング】

前のスクリーンを見ながら、メールを完成させる訓練。


【書類の枠内に判子を押す】

全ての書類の枠内に、正確に判子を押す訓練。


【ホワイトボードをきれいにする】

ホワイトボードの隅々まできれいに消し去る訓練。


【音を立てずに退出】

周りに気づかれないよう、無音で退出する訓練。
スーツに鈴を付けた状態で…
退出を試みるも…

失敗(笑)


【できるだけ多く資料を準備】

資料をできるだけ多く作る訓練。

自虐をぶち壊すネタの方が好きだなぁ

三浦瑠麗
定時退社訓練は自虐になっていなくて、参加した人は「楽しいね」みたいな、「我々ってこんな感じだよね」みたいな。

松浦茂樹(スマートニュース)
資料を作ったりとかホワイトボードを消すといったネタを実際に経験しているので、それをやるぐらいなら、それを無くす企業側の努力の方がいいなってすごく思ったし、見ててつらくなった。笑えないですね。

むしろ、ああいうのをロボットが出てきてぶち壊すとか。「お前ら、そんなことやってんじゃないよ」という形で鬼教官が煽り立てて、放り出すとか。
「こういうのをやらせる企業がダメなんだ」みたいなネタの方がまだいいかな。

三浦
分かる。大体、みんな文句を言うんですよ、教授会が長いとか。
でも、文句を言ってきた人たちは何も変えてない。20代の頃から文句を言っているのに、今あなたたち50代でしょと。
その気になったら変えられるでしょって思うんだけど、変えてないんですよね。

松浦
10年ぐらい前に判子を押していた時期があるんですけど、こんなの電子稟議にすればマウス1個でボンボンやれるのに、判子だと毎回、紙で印刷しないといけないし、誰がこれをまた見るんだっていう話もあるし。
参加している人が楽しんで自虐でやるのはいいけれど、自虐をぶち壊すネタの方が好きだなぁ。


6/22放送 FLAG7より

最終更新:6/26(月) 18:30
ホウドウキョク