ここから本文です

藤江れいな「快感ですね」体験型上映“ガン・オルケスタ”でモデルガン初体験

6/26(月) 19:33配信

MusicVoice

 元AKB48、NMB48のメンバーの藤江れいな(23)が26日、都内でおこなわれた映画『ジョン・ウィック:チャプター2』特別試写会イベントに登場。この日はモデルガンを映画の本編に合わせて発砲する「ガン・オルケスタ」と呼ばれるスタイルで上映。元自衛官でミリタリーライターのデューク廣井氏も参加した。藤江は、自身初となるモデルガン発砲に「快感ですね」と興奮した様子を見せた。

 映画『ジョン・ウィック:チャプター2』は、米俳優のキアヌ・リーヴス演じる元殺し屋の壮絶な復讐劇。銃撃戦とカンフーをミックスしたアクションが話題を呼んだ映画『ジョン・ウィック』の続編。殺し屋稼業から引退し、穏やかな生活をしていた主人公が、再びし烈な戦いに巻き込まれる様を描く。日本では7月7日に全国公開される。

 試写会は、モデルガンによる生の発砲を本編に合わせて実施する、体感型上映のスタイルである「ガン・オルケスタ」という形でおこなわれた。

 この日はスカートに深いスリットの入った、セクシーなスーツ姿で登場した藤江。モデルガンの銃声に「テンション上がりますね」と若干興奮気味ながら、初めてのモデルガンの扱いに緊張した表情を見せていた。しかし、引き金を引き高らかな銃声を響かせると「快感ですね」と満足な表情を見せ、会場を賑わせていた。

 また、先日行われた本作のジャパンプレミアで藤江は、会場に訪れたキアヌと、監督のチャド・スタエルスキと対面しインタビューを実施。劇中でも優しい表情、厳しい表情のギャップにキュンキュンしたという藤江は、実際のキアヌの印象を「メチャかっこよかったです! 見とれちゃいました」と語り、ゾッコンの様子。

 また両名のインタビューでは「本当にお二人ともこの作品を愛していらっしゃるんだな、というのがすごく伝わってきた」と感銘を受けたと言う。

 さらに、もしチャプター3があるとしたら、また戻って来てくれるかと尋ねたところ「チャプター2を日本の皆さんが楽しんでくださって、“また見たい”と言ってくだされば、戻ってこられるかもしれません」と応えてくれたと話し、「本当に期待しています」と再びの対面を心底期待する様子を見せていた。

(取材=桂 伸也)

最終更新:6/26(月) 19:33
MusicVoice