ここから本文です

板橋区。候補者の顔ぶれと情勢解説【都議選2017】

6/26(月) 18:20配信

選挙ドットコム

板橋区。候補者の顔ぶれと情勢解説【都議選2017】

自民党2人、公明党、共産党、民進党の合わせて5人の現職に、都民ファーストの会の2人の新人、無所属の元職らが挑む構図です。

自民党・河野雄紀氏は、区議・都議の経験、地域産業の振興や駅・公園を活用したまちづくりなどを訴え2期目を目指します。

自民党・松田康将氏は、教育や子育て支援、オリンピック・パラリンピックへ向けたスポーツ施策の充実などを訴え再選を狙います。

公明党は、橘正剛氏が4期目を目指し、11人の区議とともにきめ細かく区内を廻り支持者固めに力を入れています。国政比例票3万票~3万2000票に、上積みを目指します。

共産党は、都議団副幹事長・徳留道信氏が2期目を目指します。8人の区議とともに支持層を固めています。直近の2回(14衆、16参)の国政比例票で3万9000票余の党勢を議席維持に結び付ける方針です。

民進党は、現職・宮瀬英治氏が2期目を目指します。旧みんなの党出身の宮瀬氏は、議員歳費の3割カットなど身を切る改革の実践をアピールします。浮動層の取り込みが課題です。

都民ファーストの会は、去年の都知事選挙では小池百合子氏は12万票近くを獲得した党勢を議席獲得に結びつける考えで、平慶翔氏と木下富美子氏の2人の新人を擁立します。

平氏は女優の弟で、自民党・下村博文衆院議員の秘書経験を活かしながら地域への浸透を図ります。

「希望の塾」塾生で大手広告代理店社員の木下氏は、女性活用、情報公開の徹底による都政・都議会の透明化を訴えます。

民主党都議を2期務め、前回落選の元職・熊木美奈子氏は、今回、無所属で立候補します。

現在、全国で13人の地方議員を擁する幸福実現党からは、安原宏史氏が立候補します。

無所属の新人・佐上彰浩氏も立候補します。
なお、選挙ドットコムで都議選特設サイトを開設し、全42選挙区の立候補者・情勢の解説を行っています。

1/2ページ

最終更新:6/26(月) 18:20
選挙ドットコム